1. Skip to navigation
  2. Skip to content



eBoostrの効果は?

PCをより高速に

eBoostrは、頻繁にアクセスするデータのキャッシュを、USBメモリやOS管理外のメモリ領域などに一時的に蓄えておくことで、本来のデータ読み書き速度よりもパソコンの処理速度を向上させ、PCを高速化します。Windows高速化ソフトはたくさんありますが、eBoostrは下記のような評価を頂いています。

"Windowsの高速化をうたうソフトは多いが、なかには速度向上を体感できないものも多い。そんななか、本ソフトは余ったメモリ・ストレージを活用して、簡単かつ確実に性能向上を見込める"
-窓の杜-

eBoostrを使うとWordやExcelがこんなに早く起動するように

ハードディスクは、その使用頻度により劣化していき効率が悪くなります。ハードディスクへのアクセスが発生するにつれ、ハードディスクとヘッダ間の摩擦が発生し、それによるダメージが徐々に蓄積されます。長年使われたハードディスクはアクセスの際に発生する音が大きくなっていくことにお気づきの方もいるでしょう。問題はアクセス音だけではありません。検索時間は長くなり、さらにはパソコンの動作速度を低下させます。eBoostr を使ってUSBメモリなどの外部デバイスにデータのキャッシュを構築し、外部デバイスからキャッシュを読み込むことで、ハードディスクにかかる負荷を軽減することができるのです。つまり eBoostr なら、頻繁なハードディスクへのアクセスを減らすことで、お使いのパソコンを高速化できるだけにとどまらず、ハードディスクの寿命を延ばす効果も期待できます。

#

さらにeBoostrの機能を知るなら・・・

ExcelやWord、PDFなどよく使うアプリケーションの起動時間を短縮
まだ買い替えなくて済む!Windowsを救済する高速化ソフト
ハードディスクを効率的に使ってパソコンを高速化



eBoostrはこんな人におすすめ

  1. 古くなったパソコンを活用したい人
  2. ハードウェアのスペックや拡張性に制限のある小型ノートパソコンユーザー
  3. パソコンが重い状態を解決したいが、パソコンについて詳しくなく自力での高速化が難しい人

eBoostrは特にWindows XPに特に最適?

通常Windows Vista以降では、”Super Fetch”、”ReadyBoost”といった機能が搭載されています。"Super Fetch”"というのはシステムメモリの空き領域を利用してPCパフォーマンスを向上させる機能です。"ReadyBoost"は、 フラッシュメモリなどの外部メモリをHDDのキャッシュとして利用することで、アプリの起動時間を高速化させる機能です。 いわばeBoostrはこれらに似たPC高速化の機能を備えています。それならば、Windows7やVistaでは必要ないってこと?と思ったそこのあなた。 eBoostrは、Windows7やVistaに搭載されている、”Super Fetch”、”ReadyBoost”よりも、性能や機能が優れているので、十分有効に機能します。まずはeBoostrをダウンロードしてお試し下さい。