1. Skip to navigation
  2. Skip to content



サポート

製品導入後のご質問

  • eBoostr をインストールしましたが、この後どうすればよいですか?
  • eBoostr のインストール後、アプリケーションの高速化を有効にするには、キャッシュ作成を行う必要があります。 キャッシュの作成には、 eBoostr 設定ウィザードを使用する方法と、手動で設定する方法の 2 種類用意されています。 本項では eBoostr 設定ウィザードを使用した設定方法をご説明します。

    1. eBoostr をインストールし、コンピュータを再起動すると、 eBoostr : 登録 画面が表示されます。 「続ける」 をクリックします。
    2. 初回起動確認ダイアログボックスで、「いますぐキャッシュデバイスを有効にしますか?」 と表示される場合は、 「はい」 をクリックします。 このメッセージが表示されない場合は、スタートボタン -> すべてのプログラム -> eBoostr -> eBoostr コントロールパネル の順にクリックして eBoostr コントロールパネル画面を表示し、 「設定」をクリックします。 デバイスの設定画面が表示されたら、 「自動設定」 をクリックします。
    3. eBoostr 設定ウィザード : ようこそ 画面が表示されたら、お使いのコンピュータに eBoostr で使用したい USB フラッシュドライブやメモリーカードが挿入されていることを確認し、 「次へ」 ボタンをクリックします。
    4. eBoostr が利用可能なデバイスの検出を開始します。 しばらくお待ちください。 完了したら 「次へ」 をクリックします。
    5. 推奨設定画面が表示されます。 基本的にはこの画面に表示されている設定のまま、 「次へ」 をクリックします。
    6. 確認画面が表示されます。 「今すぐキャッシュを構築する (推奨)」 オプションにチェックが入っていることを確認して 「完了」 をクリックします。
    7. eBoostr がキャッシュの作成を開始します。 キャッシュの作成には数分かかる場合があります。 eBoostr コントロールパネル画面を表示し、ステータスをご確認ください。 ステータスが 「有効」 になっていればキャッシュの作成は完了し、正常に動作しています。"

  • パワーセーブモードとはどのような機能ですか?
  • パワーセーブモードはノートパソコンやネットブックに有効な機能です。 このモードが有効の場合、ノートパソコンがバッテリーモードになった際に、 eBoostr はハードディスクへのアクセスを最小限にするためにキャッシュドライブの使用を優先します。 キャッシュドライブとして使用するフラッシュメモリー(USB メモリー、 SD カード等)はハードディスクより消費電力が少ないため、ノートパソコンの消費電力を抑え、バッテリー寿命を延ばすことができます。

  • 優先アプリケーション機能の使用法を教えてください。
  • 1. eBoostr コントロールパネルのメニューから「オプション」->「優先アプリケーション」を選択します。
    2.「高速化するアプリケーションの選択」 画面の 「高速化するアプリケーション」 欄に、高速化したいアプリケーションのアイコンをドラッグアンドドロップします。 「検索されたアプリケーション」 欄に希望するアプリケーションが表示されていない場合は、アプリケーションの実行ファイルをマイコンピュータなどからドラッグアンドドロップしてください。
    3.「保存」をクリックして画面を終了します。