1. Skip to navigation
  2. Skip to content



Windowsを高速化させるには?

Windowsを高速化する前に知っておきたいこと

買ったときはあんなにさくさくと動いてくれたWindowsが、日が経つにつれだんだん遅くなり、しまいには1つのアプリケーションを起動させるにも、時間がかかってイライラ・・・・した経験はありませんか。PCが重くなる原因はいくつか考えられますが、以下はよくPCを重くする原因としてあげられています。遅くなったから買い替えを考える前に、以下の手順でPC が遅くなった原因を確かめ、速かったWindowsを取り戻しましょう。 今すぐ自動でWindowsを高速化したいという方は、Windowsを自動かつ簡単な設定だけで高速化してくれるeBoostrがおすすめです。無料体験版もありますのでダウンロードしてみて下さい。



1. Windowsを起動する際に同時に立ち上がるソフトやアプリケーションが多い。(=常駐プログラムが多い)

たとえ使っていなくてもソフトやアプリケーションの数が多いほど起動時間が長くなります。デスクトップ上の広告やツールも常駐プログラムとして動いているので、パソコンの動作を遅くする原因の1つとなっています。

常駐プログラムを減らして、PCを高速化するには
よく使うアプリの起動時間を高速化


2. パソコンのメモリの容量が少ない

 

初期のXPを購入した場合や安いパソコンを購入したときによく見られる現象です。Windows XPをさくさく動かすためには、512MBぐらいのメモリが理想的だと言われています。Windows Vistaの場合は、メモリは最低2GB程度ないと遅くなってしまいます。

自分のパソコンのメモリの調べ方



3. マルウェアに感染している

 

PCウイルスに感染した時の症状の1つとして、PCの操作速度が遅くなるというものがあります。PCウイルスに感染している場合には、操作速度だけでなくファイルが勝手に消えている、アダルト広告のポップアップが表示されるなど様々な症状があります。

 

セキュリティソフトを2つ以上インストールしている場合には、パソコンのシステムに何らかの問題を生じさせる可能性があります。2つ目以降のセキュリティソフトをインストールする場合には、セキュリティソフト同士が競合しないかをあらかじめ確認しましょう。



4. パソコンの内部に不具合生じている

 

ハードディスクが損傷していたり、断片化しているとPCが重くなることがあります。

損傷したハードディスクの有無を調べる方法
ハードディスクへのアクセスを減らし、パソコンを高速化