森下翔太に亡き妹がいた?両親(父親母親)兄弟など家族構成調査!

本ページはプロモーションを含んでいます。

高一の夏からセンターのレギュラーの座を獲得したかと思えば、高校通算本塁打57本という脅威的な数字を叩き出し、プロ野球関係者からの注目を集めていた森下翔太さん。

阪神にプロ入り後は、野球の実力と共に、ご両親の熱心な野球の英才教育も話題となりました。

ということで今回は『森下翔太に亡き妹がいた?両親(父親母親)など家族構成調査!』と題しまして、ご覧の内容でお送りします!

この記事を読んでわかること
  • 森下翔太には亡き妹がいたという噂の真相
  • 森下翔太の家族構成
  • 森下翔太の両親(父親・母親)について

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

<
目次

森下翔太には亡き妹がいた?兄弟は?

森下翔太さんは一人っ子で、亡くなった妹さんがいた事実はありません。

森下の母・ゆりさんは、一人っ子の愛息と歩んできた16年間の野球人生を振り返り、エールと感謝を送った。

引用元:サンスポ

なぜ森下翔太さんに「亡くなった妹がいる」という噂が出たかは分かりませんが、インターネットの予測検索欄には「森下翔太 亡き妹」という検索ワードが存在しており、一定数の検索がされていることが分かります。

森下翔太さんを検索すると出てくる「関連検索ワード」の一覧

このような誤解が生まれた原因として、可能性があるとすれば門別啓人さんと情報が入れ違ったと考えることが自然でしょう。

門別啓人さんは2022年のドラフト会議で、森下翔太さんに次ぐ2位で阪神から指名を受けています。

門別啓人さんには5歳のときに脳腫瘍で亡くした妹・心奈さんがいます。

そして、自身のグラブに『M.cocona』と刺繍し、愛用していることをメディアに明かしています。

門別啓人と森下翔太さんは所属球団も、入団時期も同じですから、勘違いをされた方がいるのかもしれませんね。

実は他にも、森下翔太さんの兄弟についてガセ情報がありますのでご紹介します!

それは日立製作所の社会人野球チームでプレーをしている森下翔平さんが、森下翔平さんの兄という噂です。

森下翔太さんと森下翔平さんに接点はなく、兄弟という噂はデマです!

森下翔平さんのご覧の経歴のとおり、出生地から通った学校までまるで違い、お二人が兄弟という事実はありません。

森下翔平の経歴
  • 東京都出身(⇄森下翔太さん:神奈川県出身
  • 町田リトルリーグ/七国山小学校(⇄森下翔太さん:野庭日限フェニックス/日限山小学校)
  • 青葉緑東シニア/東海大相模中(⇄森下翔太さん:戸塚シニア/日限山中学校

森下翔太さんと森下翔平さんは名前が一字違いであることに加え、森下翔太さんと同じく東海大相模高校出身であるため、兄弟と勘違いしてしまった方もいるようですね。

森下翔太の両親(父親母親)や家族構成は?

森下翔太さんのご両親は、森下翔太さんが幼い頃から熱心に野球の指導をしていたことで話題となりました。

こちらでは、森下翔太さんの両親である父親と母親、家族構成についてご紹介していきます。

森下翔太の家族構成

父:森下善文さん(2024年時点で55歳)

母:森下ゆりさん(2024年時点で53歳)

長男:森下翔太さん(2000年8月14日生まれ)

これまでご紹介してきたとおり、森下家の長男として誕生した森下翔太さんは一人っ子。

兄弟はおらず、噂にあるような亡くなった妹さんはいません。

父・善文さんから相当な野球の英才教育を受けてきたそうなので、まさに親の愛情を一身に受けて育ったようですね!

ここからは、森下翔太さんのご両親について、もう少し詳しくご紹介していきましょう!

森下翔太の父親

森下翔太さんの父親・善文さんは自身も神奈川県の公立高校で投手としてプレーをし、社会人になった後も野球と密接に関わっていたことが分かっています。

また、息子である森下翔太さんが誕生したのちは、野球の英才教育を施し、その才能の開花に一役買っています。

森下翔太さんの父・善文さんの野球愛がわかるエピソードをいくつかご紹介しましょう!

森下翔太の父・善文の野球にまつわるエピソード
  • 就職先を決める基準は野球ができる土日祝休みの仕事。
  • 会社の野球チームや社会人野球チームなど計4チームに所属
  • マイホームの必須条件は近くに野球ができる公園があること。
  • 自宅にはリビングと居室を1室として使えるように設計し、室内練習場を用意。
  • 幼い森下翔太さんに野球のゲームを通してルールを教える。

ご覧のとおり、並々ならぬ野球への情熱を持っていた森下翔太さんの父・善文さん!

善文さんは土日祝日が休日である経理の仕事に就職するため、専門学校で知識を学んでいたんだとか!

経理は事務職のため規則的な就業形態であること、どの企業にも需要があるからとかなり戦略的に選んだ職種のようです。

その狙い通りの社会人生活になった森下翔太さんの父・善文さんの休日は、野球三昧だったそう。

31歳で息子・森下翔太さんが誕生したのちは、ご自分の草野球の試合に連れて行き、幼稚園年少の頃には、ご自身が監督を務める野庭日限フェニックスに参加させるなど、息子に野球への情熱を傾けていました。

野庭日限フェニックスの公式サイトを見ると、少なくとも2018年までは森下善文さんが総監督を務め、春季リーグで優勝など優秀な戦績を収めていることが分かります!

画像引用元:野庭日限フェニックス公式サイト

そして、自宅野球ができる公園を必須事項にして立地を選んだというから驚きです!

野球をできる公園がすぐ近くにある”というのも必須事項だった。大きな庭付きの家は現実的ではないので、近所の公園を庭のように使おうと考えたんです。

引用元:日刊ゲンダイ

ちなみに、森下翔太さんは小学校時代、横浜市内の西洗第一公園で練習を行っていたと明かしています。

西洗第一公園のグラウンドで戸塚シニア時代の同級生とともに、ランニングやキャッチボールなど約2時間汗を流した。

同公園は小学時代に練習や大会を行った思い出の地。

引用元:日刊スポーツ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次